86 -エイティシックス-

  • TOP

  • NEWS

  • ONAIR

  • CHARACTER

  • MECHANIC

  • KEYWORD

  • STORY

  • STAFF&CAST

  • MUSIC

  • MOVIE

  • RADIO

  • BOOK

  • SPECIAL

  • Twitter

MECHANIC

サンマグノリア共和国製 無人戦闘機械〈M1A4 ジャガーノート〉
対〈レギオン〉用としてサンマグノリア共和国が急遽開発・投入した四脚歩行型の戦闘兵器。無人戦闘機械(ドローン)として喧伝されているが、共和国は戦闘用AIの実用化に失敗したため、代わりに〈プロセッサー(=情報処理装置)〉としてエイティシックスを搭乗させた「名目上の無人機」である。12.7mm重機関銃もしくは高周波ブレードを格闘用サブアームに、57mm滑腔砲を背部ガンマウントアームに装備。装甲は脆弱であり、生存性はほとんど考慮されていない。
SPEC
製造元:共和国工廠(こうしょう)(RMI)
全長:5.4m/全高2.1m(ガンマウントアームの兵装を含まず)
固定武装:格闘用サブアーム装着・高周波ブレード×2 or 同・12.7mm重機関銃×2、ワイヤーアンカー×2、背部ガンマウントアーム(通常は57mm滑腔砲×1を装備)

スカベンジャー
〈ジャガーノート〉と共に戦場に赴き、予備のエネルギーパックや弾薬を補充する役割を担う支援機。破壊・放棄された〈ジャガーノート〉から、まだ使用可能な部品等を拾い集める役割もあり、その姿から〈死肉漁り-スカベンジャー-〉という名がついた。共和国製の本当の意味での無人機であるが、AI技術の未成熟から一定の単純な作業しかできず、動作も緩慢で、戦闘行為は一切行うことはできない。

スカベンジャーファイド
斥候型〈アーマイゼ〉
ギアーデ帝国が生み出した無人戦闘兵器〈レギオン〉の一種で、アーマイゼは「蟻」をモチーフにつけられた名称。〈斥候型〉という名の通り、本隊から離れて敵勢力の偵察や監視、地形把握といった情報収集に加え、敵歩兵戦力の掃討といった任務を担当する。後方に控える戦車型(レーヴェ)や長距離砲兵型(スコルピオン)に対し、射撃目標を指示する役割も果たす。
SPEC
装備:7.62mm対人機銃×2/高感度センサーユニット
近接猟兵型〈グラウヴォルフ〉
ギアーデ帝国が生み出した無人戦闘兵器〈レギオン〉の中でも、近接戦闘に特化したタイプ。名前のモチーフとなっているのは「狼」。前脚部に備える大型の高周波ブレードを特徴とし、高い機動性を生かして急速接近、ブレードで敵機装甲にダメージを与える戦法を得意とする。また背部にロケットランチャーを搭載しており、拠点爆撃や砲撃戦も可能となっている。一方、運動性を維持するため、装甲が薄いのが弱点。
SPEC
装備:前足部・対装甲高周波ブレード×2/背部・76mm多連装対戦車ロケットランチャー
戦車型〈レーヴェ〉
ギアーデ帝国が生み出した無人戦闘兵器〈レギオン〉の一種で、名称は「ライオン」をモチーフとしている。〈ジャガーノート〉に装備されているものの2倍以上のサイズの大型火砲・120mm滑腔砲の装備と、重装甲がその特徴。敵機の安易な接近を許さず、あらゆるものを粉砕する圧倒的な火力による砲撃戦に加え、巨体を活かした殲滅戦が得意。センサー能力は低いため、砲撃の際には斥候型(アーマイゼ)からの情報伝達を必須とする。
SPEC
装備:120mm滑腔砲/12.7mm機銃
阻電攪乱型〈アインタークスフリーゲ〉
単独では手のひらに乗るほど小型な〈レギオン〉。名称もその小さな体躯から「アゲハ蝶」をモチーフとしている。電波妨害(ジャミング)に特化した機種で、機体から発信する強力な電磁波によって一帯に電波障害を引き起こし、無線通信やレーダーを遮断することが可能。〈レギオン〉と戦う戦場では本機が「雲」のように空に集うため、対地ミサイルなど長距離誘導兵器の運用は困難である。またエンジンに飛び込み、墜落させてしまうことから、レギオン勢力圏を航空戦力で攻撃できない原因となっている(航空機・ヘリは安全圏への物資輸送にしか原則として利用できない)。